今更聞けない?SNSの基本的な知識

この記事をシェアする

SNSの普及

いいねの意義

インターネットで知人や友人と交流を深められるのが、SNSの基本的な利用目的です。
交流するということは、なにかしらの意思表示が必要ですね。

「いいね」が普及した背景には、そういった意思表示の仕方の「気軽さ」という点が挙げられると思います。
ポンとクリックしただけで、その記事や情報への評価ができてしまうなんて、凄いと思いませんか?

「いいね」が普及するまでは、コメントを打ち込んで意思表示をしていました。
しかし、コメントを打つということは、意外とハードルが高かったりします。

また、SNSの普及の背景には、第三者との繋がりという点も大きいです。
顔も知らない人に、いきなりコメントを打つというのもハードルが高いですね。
しかし、「いいね」であれば、クリック一つだけで、「いい」という好意的な意思表示が可能です。

気軽に好意的な意思表示ができる、それが「いいね」の大きな意義です。

いいねを増やすと?

SNSで自分から情報発信をしてみるとわかりますが、「いいね」を貰うとかなり嬉しかったりします。
増えれば増えるだけ、自分に共感してくれる人がいるということです。
単純にいえば、自己満足なのですが、やはり人に共感してもらうということは、誰でも悪い気はしないでしょう。

「いいね」はその記事や情報の発信主の評価と見る方もいらっしゃいます。
正しい知識や、多くの人にとっての有意義な情報を、より多く発信していると見られるからです。

さらに「いいね」が多いと、メディアとしての扱いを受ける場合もあります。
「いいね」を多く集めているということは、それだけの人々が共感しているということになります。
多ければ多いほど、影響力も大きいという訳ですね。
中には、その影響力を背景にビジネスをされている方や、企業もあるぐらいです。
一概にそれだけが目的ではありませんが、「いいね」を増やすことで、色々な可能性があると言えるでしょう。


Topへ
戻る▲